【メタボ検診でメタボ予防!】メタボ検診で調査する血糖値について

メタボ検診では、血糖値も検査します。

血糖値とは、血液内のグルコース、つまりブドウ糖の濃度の事です。

これが何を表すかというと、体内に適切な量の糖分が摂取されているか、そしてその糖分がしっかりとコントロールされているかという部分を図る上で非常に重要な値となります。

血糖値は上昇すると膵臓から分泌されるインスリンによって制御され、調整されるのですが、このインスリンの分泌量が少ない、若しくは十分な働きができないといった場合に、高血糖の状態が慢性的に継続し、糖尿病になってしまうのです。

よって、血糖値は糖尿病を検査する上で重要な数値という事になります。

ただ、この血糖値は比較的変動しやすい数値で、食後にはかなり高くなりますし、発熱や過度の痛みを発祥している場合、過度のストレスを感じている時にも大きく上昇する場合があります。

この事から、メタボ検診の際には、直前に食事を取らないようにしなければなりません。

メタボ検診による血糖値の基準値は110mg/dlで、これを上回っている場合は指導の対象となります。

ですが、前述したように、血糖値が高いからと言って必ずしもそれが糖尿病などの前兆であるとは限らないので、落ちついて指導を受けることが重要なのです。

専門家はそういった背景をしっかり把握しているので、まず貴方の状態から問診するかと思います。

それに見栄などを張らず正直に答えれば、間違いなく正確な診断をして貰えるでしょう。

「オムロン カラダスキャン HBF-362」メタボリックシンドローム対策に!


「オムロン カラダスキャン HBF-362」メタボリックシンドローム対策に!「オムロン カラダスキャン HBF-362」メタボリックシンドローム対策に!
おすすめ度 :
コメント:








【メタボ検診でメタボ予防!】メタボ検診で調査する血糖値について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88554085

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。