【メタボ検診でメタボ予防!】メタボ検診で調査するコレステロール値について

メタボ検診では、コレステロール値の測定も行います。

コレステロール値は、肥満、特に脂質異常症について診断を行う際に重要とされる指標です。

コレステロール値が高いと高脂血症となって動脈硬化を引き起こす要因になると言われており、メタボリックシンドロームの予兆と言えます。

コレステロールには善玉(HDL)、悪玉(LDL)があるというのは有名な話で、メタボ検診では主に善玉コレステロールの量を測定します。

善玉コレステロールは、血管壁に溜まった悪玉コレステロールを剥がし、肝臓に戻すという働きを担っているので、この量が少ないと悪玉コレステロールが溜まり、それを駆除するべく集まってくる肥満細胞がアテロームという物質になって血管をふさいだり詰まらせる要因になるのです。

よって、一定量の善玉コレステロールがない人は肥満になりやすく、また血管が詰まりやすい体質と言えます。

メタボ検診ではこの量が40mg/dl未満の場合は、指導の対象となるようです。

善玉コレステロールを増やすには、食生活を改めるのが一番とされています。

牛肉やバターなどの動物性脂肪が多い食物はなるべく控え、イワシなどの青魚、納豆や豆腐などの植物性脂肪を採る事で、かなり善玉コレステロールの量を増やす事ができます。

また、適度な運動も非常に有効です。

身体を動かして汗を流す事で、善玉コレステロールが増加します。

禁煙や節煙、節酒も必要とされています。

メタボ検診を受けて指導される前に、これらの事を行っておけば、指導を受けないで済むかもしれませんね。

「オムロン カラダスキャン HBF-362」メタボリックシンドローム対策に!


「オムロン カラダスキャン HBF-362」メタボリックシンドローム対策に!「オムロン カラダスキャン HBF-362」メタボリックシンドローム対策に!
おすすめ度 :
コメント:









【メタボ検診でメタボ予防!】メタボ検診で調査するコレステロール値について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88554046

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。